〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

トピックス

膝スポーツ関節鏡センター

理念・北摂の膝を守る

大阪医科大学整形外科勤務時代から、膝前十字靱帯損傷を中心に膝スポーツ障害の研究と治療をおこなってきました。平成17年より第一東和会病院整形外科に勤務するようになった後も、膝関節を中心に治療をしていましたが、マンパワーの問題があり、患者さまは近隣の関連施設よりご紹介いただいた方々だけに限られていました。このたび平成26年の春より、大学勤務時代からの膝チームパートナーである森内宏充医師の加入があり、永年の夢である『北摂の膝を守る』ための施設開催が叶いました。今後は北摂地区の膝スポーツ障害、膝関節症に苦しむ患者さんのできるだけ多くの方々に当科を受診していただき、笑顔を取り戻していただきたいと思っています。

                     膝スポーツ関節鏡センター長 藤田 晃史

 

膝スポーツ障害の患者さんへ

青少年から近年では中高齢者に至るまでスポーツ継続を希望される患者さんが対象になります。関節鏡を用いた侵襲の少ない手術になります。センター長藤田医師は5,000例以上の豊富な手術症例を経験しています。ほとんどの手術は全身麻酔で行いますが、1時間以内に終わりますので、手術中に尿道カテーテルを挿入することはありません(下半身の下着も着けたままで手術を受けることができます)。

 

前十字靭帯損傷

1,000例以上の経験があります。関節鏡を用いて解剖学的に靭帯を再現する移植手術を行っています。手術は1時間以内に終わります。受傷前とほぼ同じ膝の安定性が得られます。手術後6カ月でスポーツ復帰の準備を始めます。受傷前と同じレベルのスポーツ復帰率は95%以上です。

 

半月板損傷

関節鏡を用いて、断裂した半月板の縫合、必要に応じて部分切除を行います。手術は30分以内で終わります。スポーツ復帰は半月を部分切除した場合は1カ月、縫合した場合は4カ月後になります。ほぼ全員が受傷前と同じレベルのスポーツに復帰できます。

 

骨軟骨障害(離断性骨軟骨炎、骨壊死)

病変部位に自家骨軟骨柱をモザイク状に移植し、関節軟骨面の3次元的再構築を行います。術後4-5カ月のリハビリの後にスポーツ復帰を目指します。

 

変形性膝関節症の患者さんへ

膝の変形の程度は、初期、中期、進行期、末期と徐々に進んでいきます。鎮痛薬や関節内注射で治療しても痛みがひどい場合は手術が必要になります。

 

高位脛骨骨切り術

進行期までの変形に対し行います。O脚変形をX脚に矯正することで、膝の痛みを楽にします。骨を切り矯正する手術ですが、人工骨の移植と強固なプレート固定をしますので、手術後すぐに歩く練習を開始します。術後3週程度で支えなしの歩行が可能になります。基本的に輸血の必要はありません。術前の痛みが軽快しますので、術後は膝の屈曲角度も改善します。術前の屈曲角度が良好な方は、術後に正座が可能になる場合も決して珍しくありません。

 

人工膝関節置換術

末期の変形に対し行います。軟骨の消失した膝関節面を切除し、チタン製の人工関節に置き換えます。O脚変形をX脚に矯正します。4週程度で支えなしの歩行が可能になります。術後膝から出た血液を回収し濾過した後に自分の体に戻しますので、他家血輸血は原則として必要ありません。術後の膝の屈曲角度は平均135度です。正座が可能になる方はまれですが、それ以外の日常動作で不自由になることは基本的にはありません。

 

医師紹介

常勤医師

膝スポーツ関節鏡センター長
名前 藤田 晃史(ふじた・あきふみ)
略歴 大阪医科大学整形外科 平成2年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

膝スポーツ障害
変形性膝関節症

 

整形外科部長
名前 森内 宏充(もりうち・ひろみつ)
略歴 大阪医科大学整形外科 平成8年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

膝スポーツ障害
変形性膝関節症

 

名前 長谷川 彰彦(はせがわ・あきひこ)
略歴 大阪医科大学整形外科 平成14年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

肩肘スポーツ障害
肩腱板損傷

非常勤医師

名前 安田 稔人(やすだ・としと)
略歴 大阪医科大学整形外科 昭和63年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

足・足関節スポーツ障害
外反母趾

 

名前 福西 邦素(ふくにし・くにもと)
略歴 大阪医科大学整形外科 平成5年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

肩肘スポーツ障害
肩腱板損傷

 

名前 三幡 輝久(みはた・てるひさ)
略歴 大阪医科大学整形外科 平成6年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

肩肘スポーツ障害
肩腱板損傷

 

名前 松本 崇宏(まつもと・たかひろ)
略歴 大阪医科大学整形外科 平成14年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

膝スポーツ障害
変形性膝関節症

 

名前 小田 周平(おだ・しゅうへい)
略歴 大阪医科大学整形外科 平成19年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

膝スポーツ障害
変形性膝関節症

 

名前 伊丹 康夫(いたみ・やすお)
略歴 大阪医科大学整形外科 平成21年入局
学会専門医
認定医
資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

専門分野

肩肘スポーツ障害
肩腱板損傷

 

当センター受診までの流れ

紹介状を持参される患者さまは紹介医が予約していただいた日時に受診していただき、また紹介状のない初診患者さも通常通り整形外科外来を受診していただく際に、以下の外来担当医のボタンを押してください。(受付は8時~12時)

月曜日 藤田 晃史
火曜日 森内 宏充
水曜日 伊丹 康夫
木曜日 森内 宏充
金曜日 藤田 晃史
土曜日 藤田 晃史 または 森内 宏充

2回目以降の再診は完全予約制となります。