〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

トピックス

DPC請求について

第一東和会病院では、厚生労働省の認定により「DPC対象病院」となりました。
それに伴い、2009年4月1日以降に入院された患者様には「DPC(診断群分類包括評価制度)」による入院医療費の支払い方法へと変更になりました。

DPC(診断群分類包括評価制度)とは

DPC方式は、患者様が入院時に対して受ける、一連の医療行為をひとまとめとして支払う診療報酬の包括評価のことです。

今までの入院医療費は「出来高払い方式」で、診療を行った薬・検査・レントゲンなどの費用を種類や量に応じてひとつひとつ積み上げて計算する方法でしたが、「DPC方式」 では、病名、手術・処置などの治療行為を基に、厚生労働省が定めた診断群分類ごとに決められている1日当たりの定額料金からなる包括評価(薬・検査、レントゲン、入院基本料など)と、出来高評価(手術・麻酔、リハビリなど)を組み合わせて医療費を計算する新しい定額払いの会計方式です。

DPC方式により、出来高払い方式の量的拡大・過剰診療(薬漬け・検査漬け)を改善し、患者様にとって過度の負担をなくした適切な医療提供がなされるようにするための制度です。

DPC方式では入院医療費の計算方法が以下のとおりに変わります

1回の入院で、病気の分類を1つだけ決定することになっています。
その分類ごとに1日当たりの包括診療部分の医療費が決められます。

病気の診断群分類によっては、従来より高くなる場合もあれば、安くなる場合もあります。また、入院日数によっても1日当たりの医療費が変わる仕組みになっています。

※病気の種類、診療行為によっては「出来高払い方式」で計算する場合もあります。


病気の種類や入院期間により異なります

すべての入院患者様に「DPC方式」が適用されるわけではなく、病気の種類や入院期間によっては、従来の「出来高払い方式」で医療費を計算する場合があります。
労災保険・自費診療・治験・先進医療等の方は従来の「出来高払い方式」になります。

ご不明な点やご質問は、入院受付もしくは病棟事務スタッフにお尋ねください。