〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

内視鏡外科センター

婦人科

婦人科(内視鏡外科手術)は女性への心配りと安心・安全な治療

第一東和会病院は、婦人科常勤医を配置し診療を行っています。
婦人科では不妊の原因となる子宮筋腫、卵管水腫などの子宮・卵管疾患や卵巣腫瘍、加齢による子宮脱、膀胱瘤、尿漏れなど婦人科疾患に対応する分野で、滋賀医大産婦人科学教室教授として数々の業績と多くの産婦人科医を世に送り出した野田洋一名誉教授をお迎えし、診察・治療にあたります。
内視鏡外科センターで行なっていた婦人科領域疾患の手術を、今まで以上により強固な態勢で臨めるようになりました。
もちろん婦人科で行なう手術の大半は、内視鏡外科手術で行ないますので手術あとがほとんどど残らない女性に配慮した手術となっています。

婦人科疾患を内視鏡外科手術で!!

第一東和会病院・内視鏡外科センターでは婦人科疾患もお腹を切らない手術『内視鏡外科手術(腹腔鏡手術)』で行っています。

婦人科領域疾患には、以下のようなものがあります。

子宮筋腫

子宮筋腫核出術、子宮全摘術

子宮内膜症

子宮内膜症病巣除去術

卵巣疾患(卵巣腫瘍、茎捻転、破裂および卵巣出血)

卵巣腫瘍切除術、付属器摘出術

卵管疾患(卵管周囲癒着、卵管通過障害、子宮外妊娠)

卵管切除術、付属器癒着剥離術、卵管開口術、子宮外妊娠手術

術後に傷跡が残らない内視鏡外科手術は、開腹手術に比べ、術後の痛みも少なく、入院期間が短くて済み社会復帰が早い為経済的負担も軽くなります。また、美容上も優れているので術後の女性の心(精神的)にも傷を残しません。医学的見地からの最も大きな利点は、術後の癒着がほとんど見られない事です。

【例】 子宮筋腫の場合(入院期間)

開腹手術 約8~10日間 ⇒ 内視鏡外科手術4~6日間

受付から手術までの流れ

1 受付

お電話かFAX(地域連携室)でお尋ねください。
婦人科で診察を行います(術式を検討します)。

2 内視鏡外科手術が適応と判断された場合

手術に必要な検査を前もって受けていただきます。
手術は婦人科部長 野田の指導の下、当院婦人科、内視鏡外科のスタッフがチームで行います。

3 入院

術後の状態によりますが、入院期間は、手術前日に入院していただき術後2~4日間です。退院翌日から社会復帰可能です。

4 これまでの実績 (2010年4月~2015年12月)

婦人科内視鏡外科手術症例数:660例
大きな合併症:なし
開腹術への移行例:なし
術後の妊娠症例:不妊症で紹介された方の69.2%が妊娠しています。