〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

内視鏡外科センター

くわしく知ろう内視鏡外科手術

内視鏡外科手術は外科手術の革命

1990年に腹腔鏡下胆嚢摘出術が日本に導入されて以来、爆発的に普及し、その適応疾患も急速に拡がりつつあります。この手術方法は従来の手術の概念を全く変えてしまうもので、これまでの外科手術にとって革命的な出来事といえます。

治療期間の短縮により患者様のQOL(Quality of Life:生活の質)の向上(疼痛の軽減、早期退院、早期社会復帰など)と、医療費の節減が得られる事などから、まさに“理想的な手術”ではないでしょうか。

内視鏡外科手術の流れ

内視鏡外科手術の流れを胆嚢摘出手術を例にご紹介します。

  1. 全身麻酔で小さな切開を数ヶ所程の手術を行います

    手術室に入り全身麻酔を行います。 手術中は麻酔医が患者様の状態をチェックしています。 カラダへの切開は数ヶ所。 すべて1cm以下の小さなものです。 従来の手術のように大きく切開いたしません。 切開場所は手術内容によって異なります。 イラストは胆嚢摘出手術の場合のものです。 内視鏡外科手術の模様はビデオカメラにて撮影しながら行なうため、全例ハードディスクに記録されています。

  2. 炭酸ガスを注入してお腹を膨らませ手術のための空間を作ります

    1ヶ所目の切開口(胆嚢摘出手術の場合は臍下部)から、鉗子などを体内に挿入するための通路(管)の役割を果たす直径1cmのトラカールという器具を挿入し、約3リットルの炭酸ガスを注入することにより、腹壁を膨満させて腹腔内に空間(スペース)を作ります。 このトラカールからビデオカメラを挿入し、腹腔内を観察後、さらに直径0.5cmのトラカールを数本挿入します。 トラカールはガスが漏れない設計になっています。

  3. ビデオカメラで写し鉗子類を体内に挿入し手術を行います

    直径0.5cmのトラカールから、鉗子類を体内に挿入します。 ビデオカメラで映し出された腹腔内の様子をモニタで確認しながら手術を行います。 開腹手術と異なり、内臓を直接手で触れて手術ができないため、高度なテクニックが要求されます。 切除された患部は臍下部のトラカール創から摘出します。
    出血や癒着などにより、開腹手術に移行しなければならない場合もあります。
    万が一に備え、常に開腹手術用の器具を準備しています。

  4. 鉗子類やガスを抜き取り小孔を閉鎖し手術を終了します

    手術終了後、鉗子類やビデオカメラをトラカールから抜き去り、炭酸ガスを体内から出します。 最後にドレーンを挿入し、すべてのトラカールを抜き取り切開口を縫合して終了です。
    皮下は吸収糸で閉鎖し、皮膚はテープで固定しますから抜糸の必要はありません。 手術の翌々日からシャワーが可能になります。
    ドレーンは術後に出血などの腹腔内の異常を早期に見つけるためのチューブで、通常手術の翌日に抜去します。

不可能を可能にした装置(器具)たち

内視鏡外科手術を行うには多くの手術器具と装置が必要です。そのどれもその時代の最先端を行く装置(器具)です。

特にビデオカメラシステムと、超音波凝固切開装置(出血せずに切開できる装置)の進歩は、内視鏡外科手術の適応となる疾患を飛躍的に拡大させました。これらにより手術を安全かつ迅速に行う事が可能となり、その上、術後の合併症の減少につながるという画期的な装置類です。

  • ビデオカメラシステム

    内視鏡外科手術の発達には、デジタルビデオカメラの飛躍的な進歩も貢献しています。超小型でありながら、テレビ放送用機材のクオリティを持つ内視鏡外科手術のカメラは、医師に体内の様子を手に取るように提供します。安全な内視鏡外科手術を可能にするのに、不可欠なシステムです。

  • 光源装置

    メタルハロゲンランプを光源とし、光ファイバーケーブルを通じて体内を照らし出します。

  • ハイビジョンモニタ導入

    ビデオカメラシステムから送られてくる体内の映像は、従来よりも更に高解像度のハイビジョンモニタでくっきりと鮮明に映し出します。 手術中の体内映像はこの2台のハイビジョンモニタを使って、携わる全医師で確認しています。 これら手術の様子は、ハードディスクに全例記録し、保存しています。
    ご希望の患者様には、DVDにコピーして提供しています。

  • 超音波凝固切開装置

    この装置の開発により、内視鏡外科手術の適応疾患は、飛躍的に拡大しました。
    超音波凝固切開装置は切開しながら同時に止血が行えるため、これまでのように止血に難渋したり、時間を費やす必要がなくなりました。
    現在では内視鏡外科手術には、なくてはならない手術器具といえます。

  • 鉗子(かんし)

    鉗子は、血管、腸管、神経などの組織を挟むための道具です。
    内視鏡外科手術用に造られたものを使用しています。用途にあわせて把持鉗子、剥離鉗子、ハサミ鉗子などがあり、手術の様々な場面で使い分けています。また持針器や針も内視鏡外科手術専用のものを使用します。

  • 結紮(けっさつ)用クリップ

    手術中に糸の代わりに結紮する(血管などをしばる)のに使用するチタン製のクリップです。

  • トラカール

    手術を行う空間を作るために腹腔を炭酸ガスで満たしたり、ビデオカメラや各鉗子類を体内へスムーズに挿入するための筒状の器具です。腹腔を膨らませた炭酸ガスが漏れない構造になっています。
    トラカールの直径は5mmと10mmがあり、10mmはカメラや切除した患部を体外に取り出す時に使用します。トラカールを挿入する穴の大きさが、手術による身体表面の切開になります。

  • 吸引洗浄装置

    手術の妨げとなる腹水や膿汁、さらには出血による血液を素早く吸引すると同時に、生理食塩水を噴出させて洗浄を行う二つの用途を備えた装置です。

  • 気腹装置

    術野(手術中の視野)を得るために腹腔内に炭酸ガスを注入する装置です。
    内圧、流量を設定することにより、ガスの出力は自動的に調節されるようになっています。