〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

内視鏡外科センター

内視鏡外科センターとは

▲痛々しいミミズあとが残る従来の開腹手術           ▲ほとんど手術あとがわからない内視鏡外科手術

手術といえば、メスで身体を切る痛いイメージがつきまといますが、
内視鏡外科手術は、身体に大きな切開を加えることはありません。

カラダに優しく回復も早い、理想的な手術 内視鏡外科手術とは

手術の種類によって腹腔(おなかの中)や胸腔(むねの中)、後腹膜腔(せなかやおなかの中)などに小さな穴(径0.5~1cmの切開)を数カ所開けて、そこからビデオカメラと小さな手術道具(腹腔鏡や特殊な鉗子)を使いビデオモニタを見ながら行う手術です。

身体表面は小さな傷あとが数カ所残るのみで、痛みも少なく早期退院や社会復帰が可能です。

入院期間が短くてすむため、経済的負担も軽くなります。

今後は、従来の開腹手術の半分以上が内視鏡外科手術に置き換わると予想されています。

内視鏡外科手術は別名、腹腔鏡下手術といい、胆嚢切除手術において、お腹の中(腹腔)にカメラを入れて行ったものが最初であったために、その名前がつきました。

現在では、最も多く行われている消化器・一般外科領域以外に、肺や心臓などの胸部(胸腔)、首などの頚部、婦人科、泌尿器科、形成外科、整形外科、耳鼻科などの手術にも応用されているために、内視鏡外科手術と名前を統一して呼ぶようになっています。

胃や大腸のファイバースコープで行うポリープ切除などの内視鏡手術と内視鏡外科手術とは、まったく違いますのでご注意ください。

特長

  • 手術のあとがほとんどわからない
  • 痛みが少なく回復も早い
  • 手術後の癒着がほとんど起こらない
  • 短期入院で経済的(胆嚢摘出手術の場合で入院期間は1~3日)

術後の経過が全く違う

胆石摘出手術の場合、従来は大きくお腹を切開していました。術後の痛みも強く、約2~3週間の入院が必要でした。

一方、内視鏡外科手術では切開というより小さい穴を開けるため、手術翌日には歩くことや食事も、さらにシャワーを浴びることもでき、1~2日後には退院も可能なのです。

2~3日で職場復帰できることから、会社や同僚に迷惑をかけずに手術を受けることができます。また、第一東和会病院では0.5~1cmの横切開を用いているため、手術の傷あとはほとんどわかりません。

上の写真は開腹手術(左)と内視鏡外科手術(右)の手術あとの比較。開腹手術では、大きく太いミミズがはっているようなあとが残るのに対して、内視鏡外科手術ではあとがほとんどわからない。

内視鏡外科手術の経験豊富なスタッフ

内視鏡外科手術は、従来の外科手術とは全く異なる技術(うで)と機器が必要で、手術を行う病院や外科医がこの方法に充分に慣れ、かつ手術中のあらゆる事態に対応できないと、従来の手術と較べ危険なこともあり合併症の頻度も高くなってしまいます。

医療法人東和会では設備機器や手術器具はさることながら、この手術が日本に導入された1990年以来、症例数を積み重ね、日本ではトップクラスの経験を積んだ先生方をスタッフに揃え、万全の態勢で患者様に貢献できるよう努めています。

2003年7月に第一東和会病院 内視鏡外科センターを開設以来、内視鏡外科手術の症例数が1,000回を越えるに至っています。これは、ほぼ毎日、内視鏡外科手術を行っている数に相当し、尚且つ手術によるトラブルは1例も起っておりません。そのことに驕ることなく各スタッフは更なる研鑽に励み、患者様に安心した手術を提供できるようにしています。