〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

内視鏡外科センター

適応疾患とデメリット

手術器具の進歩、手術手技の習熟により
内視鏡外科手術の適応疾患は年々拡がってきています。
最近では、肺癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの悪性腫瘍に対しても
内視鏡外科手術が行われるようになってきました。
第一東和会病院でも悪性腫瘍に対しても内視鏡外科手術を積極的に行っています。

当院における内視鏡外科手術の適応疾患

食道 逆流性食道炎、食道アカラシア、食道粘膜下腫瘍
胃・十二指腸 胃癌(早期)、胃・十二指腸潰瘍穿孔、胃良性腫瘍
小腸・大腸 大腸癌(早期・進行)、腸管癒着、腸閉塞、良性大腸疾患(憩室症・大腸ポリープ)、外傷性腸損傷、急性虫垂炎、汎発性腹膜炎
肝臓 肝腫瘍(肝部分切除・マイクロ波凝固治療)、肝嚢胞
胆道系 胆石症(急性胆嚢炎を含む)、胆嚢ポリープ、総胆管結石
膵臓 膵仮性嚢胞、膵腫瘍
脾臓 脾摘出を要する血液疾患、脾腫瘍
副腎 副腎腫瘍
肺・縦隔 自然気胸、肺腫瘍(原発・転移性)、縦隔腫瘍
ヘルニア 鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、内ヘルニア
婦人科領域 子宮筋腫、不妊症に対する手術(市川婦人科クリニック)、卵巣疾患(卵巣嚢腫・破裂出血)、子宮内膜症、子宮外妊娠
女性骨盤外科 直腸脱、子宮脱などの“脱”に対する手術
泌尿器科領域 腎腫瘍
その他 急性腹症、原因不明の腹痛、腹部外傷、肥満の外科治療

太字は、第一東和会病院内視鏡外科センターで特に力を入れている疾患です。
婦人科は市川婦人科クリニックの協力のもと、行っている内視鏡外科手術です。

高度な技術が必要というデメリットがつきまとう

内視鏡外科手術の欠点はその難しさにあります。モニタを見て行うために、立体感や遠近感が把握できなかったり、モニタに映っていない部位で、臓器を傷つけたりなどの危険なことが起こっていても気付かない場合があります。

そのような事態にならないために、外科医には従来の手術とはまったく異なったテクニックと特殊な器具を扱う習熟した技術が要求されます。またこの手術に十分慣れ、手術中に発生するあらゆる不測の事態にも対応できなくてはなりません。しっかりとした対応ができなければ、これまでの手術より危険で、合併症の頻度も高くなります。