〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

診療科・部門

薬剤部

急性期病院薬剤部門の病院薬剤師として、主に入院患者さまへ向けた内服薬の調剤・服薬管理指導や注射薬の調製・混合感染制御や化学療法・褥瘡対策・栄養サポート等、各種チーム医療への参画などを中心に、質の高い医療を提供するため薬学のエキスパート職として日々研鑚・尽力しています。

 

特色

チーム医療への積極的参画 

病棟薬剤師業務を積極的に推進し、病棟薬剤業務実施加算取得しています。

入院患者さまの投薬状況の確認やその説明に直接訪室し、薬物療法の安全性の確保と質の向上を目指して関与しています。
感染制御委員会、がん化学療法委員会、緩和ケア委員会、褥瘡対策委員会、栄養サポートチームなど各種委員会で薬学的観点からチーム医療へ参画しています。

教育の充実

専門薬剤師・認定薬剤師の育成を目指し、学会・研修会への参加を支援しています。

将来の薬剤師育成のために6年制薬学部実務実習生受け入れ、薬学生の実地研修を行い、薬学教育への貢献を目指しています。
年間延べ9ヶ月間、実習生に対し病院調剤の知識や技術を研修しています。

薬剤師の日常業務の紹介

電子カルテを活用した処方監査

内用薬、外用薬の処方せん発行前に電子カルテによる処方監査を導入しています。
患者背景や併用薬との相互作用のチェックなどをすべての処方に対して実施し、薬学的疑義に対して事前に対応できるようにしています。

 

病棟薬剤師業務

1病棟に2名ずつ病棟担当薬剤師を配置しています。担当薬剤師用の電子カルテPCを1台ずつ配置し投薬前の処方内容のチェックや投薬後の副作用モニタリングを実施しています。
手術目的の患者さまに対しては、院内パスを介して一定のタイミングで関わっています。

病棟薬剤師業務用の電子カルテPCを配置しています

退院時の連携と指導

退院先や受診予定を確認し、主治医と連携して退院処方を調整しています。
退院される患者さま本人やご家族に対して、薬剤師が直接配薬し説明をしています。

抗がん剤調製

入院外来で実施される全ての抗がん剤注射のミキシングを実施しています。
支持療法に関わらず、レジメン管理は主に薬剤師が担っています。

 

常用薬(持参薬)の処方設計

手術など予定入院の患者さまに対して、地域医療連携室と連携して紹介状や常用薬の情報を確認し、入院前に最適な処方を提案し、入院後の処方継続が円滑に行えるよう取り組んでいます。

業務改善の取り組み

地域医療への貢献を目指し、従来の薬剤科業務全体を見直し業務改善に取り組んでいます。
また、病棟薬剤師業務や各専門薬剤師育成を計画的に進めていくための業務体制の調整についても、日々検討を重ねています。

薬学実習への取り組み

今後ますます重視されるチーム医療や多職種との連携を経験することで、将来の医療を担う薬剤師の育成を目指しています。

<実習生の評価>

薬学生実習評価2016.pdf

 

スタッフの紹介

薬剤部長 西橋 正芳

現代の薬剤師には患者情報を的確に把握して処方の妥当性を判断し、処方医と意見交換をして、患者に最適な薬物療法に責任を果たすことが求められています。
薬剤師が病棟に常駐して患者状況を把握し、チーム医療の一員として貢献したいと考えています。

チーム医療

感染対策委員会 担当 河野 美和子

感染対策ラウンドを毎週行っており、責任を持って患者のフォローをしています。
薬剤師は、臨床の現場で抗菌薬の使用に対して積極的に関わることが大切であり、そのために日ごろから検査科などの他部署との連携を密にして情報収集や知識の研鑽に努めています。

がん化学療法委員会 担当 柏 宗伸

がん医療における薬剤師の役割として、副作用の予防や対応、あるいは治療に難渋する患者さまに適した処方提案・処方設計を担うために、専門的な知識を持つ薬剤師が、がんチーム医療をサポートしています。

緩和ケア委員会 担当 峯 啓太

疼痛を訴えるがん患者さまを中心に、緩和ケアチームに同行して医療用麻薬の使い方や副作用の対策などを提案しながら、患者さまのQOLを高めるための医療を目指しています。

栄養サポートチーム 担当 蔦谷 敬之

食事や栄養剤との関係を含めた輸液の組成や注射剤の投与ルート、配合変化さらに、TPNや経腸栄養の合併症への対応など、薬学的管理と栄養管理を統一して情報提供することを目指しています。

★スタッフの募集★ !急募!

東和会病院薬剤部の魅力

東和会病院では、病棟薬剤師業務を積極的に推進し、またチーム医療への参画を通して多職種ともよく連携がとれ、東和会病院での存在感やヤリガイを大いに感じることができます。東和会病院全体が質の高い医療を目指しており、薬剤部もそこに重要な役割を果たせています。また、患者さまやご家族の方とも直接関わりを持て、医師との連携もよく、薬剤師としての活躍の場、機会がたくさんあります。教育面でも、東和会病院が専門薬剤師・認定薬剤師の育成を積極的に推進し、学会・研修会への参加支援を頂いています。
是非東和会病院で、私たちと志し高く、日々自己研鑽しながら楽しく仕事をしませんか。

見学随時
面接随時

【連絡先】072-671-1008  人事担当:粟津