〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

病院について

平成28年度 第一東和会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 153 178 253 471 469 1309 2039 1638 486
当院は病床数243床の急性期病院です。標榜科は21科目、またセンター機能として内視鏡、内視鏡外科、ウロギネコロジー、脳卒中、スポーツ関節鏡センターを有しています。多種多様の疾患に対応できる機能を有しているため、幅広い年齢層の患者さまを診療しています。地域社会の高齢化に伴い、60代以上の患者さまが全体の7割を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 98 25.13 21.25 26.53% 84.50
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 61 8.52 7.38 1.64% 69.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 53 17.02 12.43 11.32% 82.23
060130xx99000x 食道,胃,十二指腸,他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 50 8.00 7.44 4.00% 62.74
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 49 8.14 7.89 2.04% 58.88
内科系疾患では肺炎の患者さまが多く、内科医師全員で診療しています。消化器内科の上位に肺炎が表示されていますが、当院では24時間365日緊急内視鏡を行う事が出来、消化器内科疾患の患者さまも多く診療しています。
良性の消化器疾患や悪性の消化器疾患、胆・肝・膵に対して内視鏡治療を積極的に行っています。また、内視鏡治療以外にも急性膵炎や腸炎などの消化器疾患も治療しており、より専門性の高い治療が必要であると判断した場合は、大学病院との連携も円滑に進めることができます。
夜間、休日の緊急内視鏡手術にも対応しており、近隣医療機関からの紹介患者さまも多く受けています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 65 24.68 17.95 24.62% 84.49
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 39 21.92 21.25 35.90% 87.33
0400801499x013 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり A-DROP スコア3 21 17.95 20.10 19.05% 85.62
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 19 16.16 12.43 15.79% 81.74
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 14 8.00 7.82 7.14% 81.86
循環器内科で最も多い疾患は心不全です。心不全の原因として、高血圧症、虚血性心疾患、心臓弁膜症、心筋症、不整脈、心筋炎などがあり、当院では主に薬物療法を行っています。
不整脈に対してはペースメーカー移植術、交換術の手術療法も対応しています。
また、循環器疾患の原因となる睡眠時無呼吸症候群の精査、加療も行っています。
心臓カテーテル検査、治療、手術加療の適応となる患者さまに対しては、大学病院と連携を取り、スムーズな治療が行えるシステムを取っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 14 18.43 16.83 0.00% 69.29
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 11 23.09 21.25 45.45% 88.18
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - - 12.43 - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.33 - -
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫,免疫系悪性新生物 手術なし 処置2_5あり - - 25.11 - -
血液内科疾患としては、主に悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、急性白血病などの造血器悪性疾患、および再生不良性貧血などの血液疾患を診療しています。
悪性リンパ腫、多発性骨髄腫には化学療法治療も行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 146 5.63 7.61 2.05% 61.84
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 54 7.09 9.91 0.00% 50.04
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 32 4.78 5.60 0.00% 38.53
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 31 6.45 4.48 0.00% 77.90
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 30 4.67 6.82 0.00% 61.00
消化器外科における上位5疾患のうち4疾患は手術症例となっており、主に腹腔鏡による手術治療を実施しています。当院では「内視鏡外科センター」を併設しており、特に腹腔鏡手術に力を入れています。上記疾患以外にも、悪性腫瘍や肛門疾患、腸閉塞など消化器疾患の手術治療を多く行っています。また、夜間、休日など24時間365日緊急手術が可能な体制を整えており、近隣医療機関からの紹介患者さまも多く受けています。
その他、大腸がんや胃がんなどに対しての化学療法を行っており、認定看護師を含めた多職種で患者さまをサポートしています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 44 5.36 6.42 0.00% 44.32
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 37 6.05 6.29 0.00% 39.22
120100xx02xxxx 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 20 5.25 6.87 0.00% 37.65
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 処置2_7あり 定義副傷病なし 13 4.00 4.73 0.00% 45.46
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 11 9.55 10.05 0.00% 46.09
婦人科では、不妊症に対する手術治療を積極的に行っており、近隣医療機関からの紹介患者さまも多く受けています。子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍などの良性疾患の手術を主に行っています。
その他にも、子宮癌や卵巣癌など婦人科領域における手術および化学療法も行っています。
女性泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 339 8.53 9.44 0.29% 72.06
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 尿失禁手術など 90 6.13 5.75 0.00% 65.54
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 15 6.27 7.44 0.00% 68.93
11013xxx97xxxx 下部尿路疾患 その他の手術あり 10 4.80 9.10 0.00% 65.70
11013xxx01xxxx 下部尿路疾患 尿道形成手術 - - 15.36 - -
女性泌尿器科(ウロギネコロジーセンター)は、2名の泌尿器科専門医と1名の婦人科専門医のチームで、2015年3月にウロギネコロジーセンターを開設しました。診療を行う疾患は、主に女性の骨盤底の障害に関わるもので、代表的なものが、1位:骨盤臓器脱、2位:尿失禁です。入院症例では主に手術治療を行っています。
その他には、間質性膀胱炎に対する手術等も行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 82 6.27 7.44 2.44% 68.05
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病なし - - 5.25 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - - 12.43 - -
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病なし - - 5.33 - -
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし - - 9.43 - -
膀胱癌に対する内視鏡的切除手術が最も多くなっています。当院では大阪医科大学と連携し、膀胱癌に対する手術治療を行っています。
その他にも、腎・尿管結石症や尿路感染症などの急性発症した疾患に対しても、入院治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 140 28.68 27.63 80.71% 83.13
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 111 20.14 20.57 81.08% 80.14
160620xx01xxxx 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 64 12.58 11.91 1.56% 34.14
070050xx97xxxx 肩関節炎,肩の障害(その他) 手術あり 54 21.76 25.65 24.07% 72.28
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 52 4.21 5.49 0.00% 57.69
高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発生する、大腿骨近位部骨折と胸椎・腰椎圧迫骨折が1位・2位となっています。当院は、関連施設にリハビリ病院を有し、円滑な転院を行うことで在宅復帰まで切れ目のない治療を行っています。
また「膝スポーツ関節鏡センター」を併設しており、膝前十字靱帯損傷を中心とした膝スポーツ障害の手術入院数が3位となっています。
その他にも肩関節に対する鏡視下手術、高齢者に多い変形性膝関節症や変形性股関節症に対して、骨切り術や人工関節置換手術などを行い、若年から高齢者まで骨折、靭帯損傷、変性疾患など幅広く治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 70 16.61 16.54 27.14% 70.84
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 34 9.18 7.12 11.76% 66.97
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 30 6.67 7.52 13.33% 71.03
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 定義副傷病なし 21 14.10 11.83 9.52% 77.81
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 19.47 19.35 42.11% 68.89
入院で最多の疾患は脳梗塞です。軽症の場合は点滴治療を主体としますが、重症例の場合は血栓溶解療法(rt-PA静注療法)やカテーテルによる血栓回収術を行っています。
脳卒中センターにおいて、365日24時間体制で検査・治療を行っています。その他、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷、てんかん発作などの救急疾患、脊椎疾患に対する手術や神経ブロック療法など幅広く対応しています。
急性期治療終了後はグループ内の回復期リハビリテーション病棟でリハビリテーションを継続して頂けます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 48 3.13 9.15 0.00% 75.90
020200xx9700xx 黄斑,後極変性 手術あり 処置1なし 処置2なし 40 5.73 7.70 0.00% 77.20
020200xx9710xx 黄斑,後極変性 手術あり 処置1あり 処置2なし 31 4.97 7.72 0.00% 71.58
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 処置2なし 片眼 12 5.58 8.27 0.00% 66.83
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 7.01 - -
眼科の入院は、ほとんどが手術目的となります。短期滞在を除くため指標には表されていませんが、最も多い症例は白内障です。平均年齢が70歳を超えており高齢の患者さまでも手術が可能であり、視機能の改善が期待できます。
次に多い症例は、指標に表されている通り、緑内障です。次いで、糖尿病網膜症や黄斑円孔などの網膜・硝子体疾患です。これらの疾患は、放置することで失明の危険性がある重篤な疾患であり、治療に力を入れています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 30 4.70 5.24 0.00% 70.00
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.50 - -
030230xxxxxxxx 扁桃,アデノイドの慢性疾患 - - 8.12 - -
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし - - 8.44 - -
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) - - 5.52 - -
耳鼻咽喉科では、急性発症しためまい症に対する緊急入院が多くなっています。(1位・5位)
また、急性扁桃炎などの急性炎症疾患や突発性難聴、顔面神経麻痺など、地域の病院・診療所からの様々な疾患に対する紹介入院も積極的に行っています。
その他、慢性扁桃炎や慢性副鼻腔炎に対しての手術治療も行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 69 - 12 36 10 - 1 7版
大腸癌 35 41 41 70 13 - 1 7版
乳癌 - - - - - - 1 7版
肺癌 - - - - - - 1 7版
肝癌 - - - - - - 1 7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃癌、大腸癌、肝臓癌、肺癌、乳癌のことをいいます。
UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を、一度に表わすことが出来るように作られたのがStage分類です。
当院では、胃癌、大腸癌の症例数が多く、消化器系癌に特化していることが分かります。また、StageⅢ、Ⅳの症例も多く、重症症例が多いことが分かります。Stage分類が不明となっている症例は、治療前の検査入院や一部の評価が出来ておらず、退院後に総合評価される場合等が該当します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 58 7.57 46.88
中等症 116 14.36 77.54
重症 27 19.89 85.19
超重症 131 21.05 83.85
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎です。
重症度は、A-DROP「年齢(Age)」「脱水(Dehydration)」「呼吸(Respiration)」「意識障害(Orientation)」「血圧(Pressure)」を基準に沿って評価し、その結果を合算したもので、評価数値が高ければ重症となります。
年齢が高くなるほど重症度が高く、在院日数も長くなる傾向が伺えます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 19 4.74 76.26 5.26%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 166 23.43 74.66 45.18%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になることをいいます。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれることがあります。
ICD10とは、死因や疾病の国際的な統計基準として世界保健機関(WHO) によって公表された分類で、疾病及び関連保健問題の国際統計分類(略称:ICD)の最新版、第10版である。死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。
この指標は、医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さまを対象として、その発症から入院までの日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
G45$は一時的に症状が出現したもののその後、ほぼもとの状態に改善した症例です。在院日数も短く、多くはリハビリテーションの必要が無く、転院率は低くなっています。
I63$は脳虚血を来たし、脳組織が壊死、または壊死に近い状態となった症例です。後遺症が残ることも多く、長期間のリハビリテーションが必要なためリハビリテーション専門病院に転院する患者さまが多く、転院率が高い傾向となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 128 1.95 2.31 0.00% 67.28
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 90 1.13 6.52 1.11% 68.17
K654 内視鏡的消化管止血術 51 1.12 12.29 13.73% 73.43
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 49 1.06 7.90 0.00% 72.94
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 22 0.77 2.36 0.00% 65.14
当院は、日本消化器内視鏡学会指導施設の認定を受けており、指導医・専門医の認定を持つ医師と消化器内視鏡技師の資格を持つスタッフが、安全で質の高い治療を行っています。また、夜間、休日であっても緊急内視鏡手術を行うことができる体制を整えています。
入院での内視鏡的ポリープ・粘膜切除術は、多くの場合は短期入院(2泊3日)で行っています。
また、表在性の早期がんに対しては、患者さまの身体に負担の少ない内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っております。大腸、胃、食道に対するESDは年間約150症例にのぼります。
その他にも食道、十二指腸、大腸ステント留置や胆・肝・膵に対しての内視鏡的治療を積極的に行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 12 8.67 11.00 0.00% 79.75
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
循環器内科では、不整脈に対してペースメーカー移植術、交換術の手術療法を行っています。
嚥下機能の低下や病状進行により食事摂取が困難な患者さまにも、出来るだけ在宅にて過ごしていただきたいと考え、中心静脈注射用植込みカテーテル設置・胃瘻造設術の導入を検討しています。導入後は地域の提携医療機関と連携を図り、当院は後方支援を行っています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 26 1.19 1.12 0.00% 59.12
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) - - - - -
消化器内科医と協同して患者さまの手術を担当しています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 195 1.07 4.09 4.10% 63.21
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 143 0.44 1.36 0.70% 67.87
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 55 0.20 6.27 1.82% 50.07
K671-21 腹腔鏡下胆管切開結石摘出術(胆嚢摘出を含む) 49 4.18 9.47 22.45% 74.67
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 33 0.42 3.42 0.00% 39.79
消化器外科における上位5位までの全てが、腹腔鏡による手術です。当院では「内視鏡外科センター」を併設しており、多くの腹腔鏡手術を行っています。日本内視鏡外科学会の技術認定医6名に加え技術認定医を目指している医師3名の合計9名体制で、24時間365日緊急手術(約25%)を行うことができる体制を整えています。
また、がん治療にも力を入れており食道、胃、大腸など様々な消化器疾患の外科的治療を行っています。
その他には、腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)を消化器内科医師と合同で行っています。
常に患者さまの身体にかかる負担が少ない治療を心掛け、安全性を十分に考慮し、病気の進行具合とのバランスをとった患者さま個々の状態に合わせた治療を心がけています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 41 1.07 3.32 0.00% 45.05
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 25 1.00 3.96 0.00% 36.20
K863 腹腔鏡下子宮内膜症病巣除去術 22 1.00 2.91 0.00% 34.64
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 19 1.00 4.63 0.00% 48.26
K877 子宮全摘術 - - - - -
婦人科では、卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮内膜症など不妊症に対する腹腔鏡下手術を積極的に行っています。病巣が大きく腹腔鏡下での手術が困難な症例では、開腹手術も行っています。、常に患者さまの身体にかかる負担が少ない治療を心掛け、患者さまに一番適切な術式を選択し、安全性を十分に考慮し、手術治療を行っています。
女性泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 317 1.09 6.49 0.00% 72.30
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 135 1.00 6.06 0.00% 64.58
K8232 尿失禁手術(その他) 86 1.02 4.10 0.00% 65.99
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 15 1.47 3.80 0.00% 68.93
K8653 子宮脱手術(マンチェスター手術) 13 1.00 5.46 0.00% 64.46
女性泌尿器科(ウロギネコロジーセンター)では、主に骨盤臓器脱、尿失禁に対して、多くの手術を実施しています。2015年3月のウロギネコロジーセンター開設から2016年末までに、約1,000例の手術を実施しています。
手術では、患者さまの安全、QOLの改善を第一に考え、精度の高い手術を提供しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 84 1.15 4.40 2.38% 68.30
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
泌尿器科では、膀胱癌に対して開腹せず手術用内視鏡を用いた切除手術が最も多くなっています。
次に腎・尿管結石の治療として、体外より衝撃波をあて体に傷をつけることなく結石を砕く、体外衝撃波結石破砕術が2番目となります。この治療は麻酔の必要もなく、治療後すぐに歩行も可能となります。
3位の手術は、経尿道的にステントを留置して尿の通り道を確保する治療法です。女性では、局所の麻酔で行える手術です。尿管に石が詰まったり、尿管周囲の何らかの病気により、尿管に狭窄が生じてしまうことがあります。水腎症を発症したり、尿が溜まることで感染を引き起こすことがあるため、定期的な交換が必要な場合があります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 88 2.77 24.44 81.82% 81.83
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 66 0.98 2.00 0.00% 35.62
K0462 骨折観血的手術(前腕) 59 1.61 3.68 5.08% 66.61
K0811 人工骨頭挿入術(股) 58 3.76 25.14 79.31% 83.91
K0801 関節形成手術(肩) 43 1.02 19.95 16.28% 70.35
1位・4位は、大腿骨近位部骨折に対する手術です。受傷後、できるだけ早期に手術を行い、リハビリテーションを開始することで、患者さまのADL低下防止に努めています。
2位の骨内異物除去術(抜釘術)は、多くの場合は短期入院(2泊3日)で行っています。
それ以外にも膝関節、肩関節、股関節などの関節鏡を用いた靱帯再建手術および関節形成、人工関節置換手術も積極的に行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 0.83 13.48 13.04% 78.70
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 17 2.88 20.24 23.53% 73.88
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 10 4.20 10.20 0.00% 59.40
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
外傷後、一定期間経過後に発症し、見逃されやすい慢性硬膜下血腫は、高齢の患者さまの割合が高く、緊急手術となる場合が多い手術です。手術は局所麻酔で行い、術後経過も良好です。
2位・3位は脊椎の手術です。日本脊髄外科学会認定医が手術を担当しており、今後当院でも脊椎疾患の手術に力を入れて行きたいと考えています。
4位は脳血管内手術です。カテーテルで治療し、開頭手術に比べ、患者さまの身体への負担が少ない手術です。
上位5手術以外にも、経皮的頸動脈ステント留置術や頭蓋内血腫除去術(開頭)、脳動脈瘤クリッピング術、脳動脈のバイパス術など24時間365日、緊急手術を行うことができる体制を整え、幅広く対応しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 726 0.01 1.01 0.28% 73.83
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 79 0.01 4.70 0.00% 73.04
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 45 0.00 1.96 0.00% 76.04
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 15 0.00 3.00 0.00% 77.80
K204 涙嚢鼻腔吻合術 - - - - -
眼科の手術では、白内障に対する手術である水晶体再建術が最も多く、日帰り手術と入院手術の2通りを準備し、患者さまのニーズを 第一に病状を加味して決定しています。日帰り手術の場合も日帰り手術センターを利用し、術前術後にゆっくり休養できるよう環境を整えています。高度先進医療である「多焦点眼内レンズ」の手術治療も可能ですのでご相談ください。
次いで挙げられるのが、硝子体茎顕微鏡下離断術です。増殖糖尿病網膜症や網膜剥離、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対する手術です。患者さまの状態によっては、上記の白内障手術と硝子体手術を同時に行うこともあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 0.17%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.30%
異なる - -
この指標の4項目については、重篤に繋がる主な疾患や手術・処置等の合併症として発症する疾患で、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)と同一か、手術や治療の過程で入院後に発症した症例であるかを区別して示しています。内訳は、内視鏡治療後の出血、手術創の離開、手術後膿瘍、術後創部感染、吻合部狭窄、植込型カテーテルポート閉塞、中心静脈カテーテル感染、人工関節の感染、VPシャント機能不全、胆管ステント閉塞です。
4項目に該当した症例の多くは入院契機と同一の症例であったため、入院中に主症状や合併症が重篤化したものではありませんでした。しかし、年間数症例の契機と異なる症例も発生していました。合併症は臨床上ゼロにすることは難しいですが、少しでもゼロに近づけるように職員一丸となって治療を行っています。
更新履歴
2016年9月28日
平成27年度「病院指標」を公開しました。
2017年9月29日
平成28年度「病院指標」を公開しました。